HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa University >
Okinawa University journal of law & economics >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/9601

 
Title :医療観察法に関する一考察-沖縄県の事例にも触れて-
Title alternative :A Study on the Medical Treatment Law with Reference to the Situation in Okinawa
Authors :小西, 吉呂
外間, 淳也
Authors alternative :KONISHI, Yoshiro
HOKAMA, Jyunya
Authors affiliation :沖縄大学法経学部
沖縄大学大学院生
Issue Date :24-Mar-2011
Publisher :沖縄大学法経学部
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1346-3128
Abstract :本稿は、医療観察法の抱える問題に対する日弁連など各方面からの指摘や批判を整理し、その解消に寄与することを目的としたものである。本稿では、同法の各手続きの問題点や筆者らが居住する沖縄県における同法運用上の特徴も取り上げている。また、刑事責任能力との関連についても若干の考察を行った。同法の規定が直接的に刑事責任能力の定義に影響を与えないとはいえ、その制度の運用が実態の面でどのように作用するのかは1つの重要な論点である。日弁連等の指摘や批判の中には、同法の存続にとってまさに核心を突く重要な課題を提起するものがある。しかし、筆者らは同法を好意的に受け止めており、同法の提供する医療が触法精神障害者の社会復帰にとって重要な役割を果たすことを期待するものである。とりわけ、沖縄における同法の運用状況と他府県とを比較すると、その地理的な特殊性等から若干異なる様相を呈していることがわかる。そして、沖縄県の運用状況を「特殊」とはせず、むしろ「軌範」とすることが同法の抱える問題の解決にとって望ましいのではないかと、期待を寄せつつ本稿を執筆した。
Rights :沖縄大学法経学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/9601
Citation :沖縄大学法経学部紀要 = Okinawa University JOURNAL OF LAW & ECONOMICS no.15 p.19 -34
Appears in Collections:Okinawa University journal of law & economics

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No15p19.pdf2211KbAdobe PDFView/Open