HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Meio University >
The Meio University bulletin >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/8581

 
Title :患者からの攻撃的行動への看護実践を支える看護管理の検討
Title alternative :A Study on Nursing Supervision to Support Effective Nursing for under Patient Violence
Authors :鈴木, 啓子
大城, 凌子
永田, 美和子
石野, 麗子
金城, 祥教
Authors alternative :Suzuki, Keiko
Oshiro, Ryoko
Nagata, Miwako
Ishino, Reiko
Kinjo, Yoshinori
Authors affiliation :名桜大学人間健康学部看護学科
聖隷クリストファー大学看護学部
Faculty of Human Health Sciences, Meio University
Faculty of Nursing, Seirei Christopher University
Issue Date :30-Jun-2009
Publisher :名桜大学
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1882-4412
Abstract :本研究の目的は、医療機関を利用する患者による攻撃的行動に焦点を当て、患者、看護師双方の安全および安心感を確保する効果的看護実践を支える看護管理について検討することである。看護部長および看護師長を対象に院内における患者からの攻撃的行動に対する看護実践を支える看護管理について半構造的面接調査を実施し、内容を質的に検討した。その結果、患者からの攻撃的行動の予防および危険防止のための看護実践を支えるための看護管理としては、(1)攻撃的行動に関する正しい知識や情報を院内で共有すること、(2)医療チームの信頼関係を維持すること、(3)精神症状に適切に対応できる医療チームであること、(4)ケア困難な患者のコンサルテーションを依頼できる精神科医療機関との連携を図ることの必要性が明らかになった。また、攻撃的行動が起こった場合には、(1)患者からの攻撃的行動を受けたスタッフへの対応、(2)攻撃的行動を行なった患者への対応、(3)インシデントの振り返りも含めた看護チームあるいは医療チームとしての取り組みの必要性が明らかになった。以上のように、組織として患者からの攻撃的行動への理解と対策への共通認識を持てることが、個々の看護師および看護チームによる効果的看護実践の其盤になっていることが確認された。
The purpose of this research is to clarify nursing supervision efforts which support effective nursing and ensure the safety of both nurses and patients in the face of patient violence. A semi-structured interview study was conducted, targeting a chief nurse and a head nurse. Several key supervision objectives were identified: (1) To share correct information and knowledge of patient attacks in a hospital, (2) To maintain trustworthy relationships in a medical teams, (3) To be able to cope with patients' mental conditions appropriately, (4) To have cooperative relationships with mental institutions experienced in threating difficult patients. When attacks occur, the followings steps are necessary: (1) To care for the attacked staffs, (2) To deal with the attacking patients, (3) To take action as a medical or nursing team, including a documented review of the incident. It was confirmed that having a common understanding of patient attacks as an organization is the basis for effective nursing, whether by an individual nurse or a nursing team.
Rights :名桜大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/8581
Citation :名桜大学紀要 = THE MEIO UNIVERSITY BULLETIN no.14 p.245 -255
Appears in Collections:The Meio University bulletin

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No14p245.pdf5102KbAdobe PDFView/Open