HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Meio University >
The Meio University bulletin >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/8226

 
Title :高齢者のタイムスタディから学生の学びの分析-ライフヒストリーへ円グラフを用いて-
Title alternative :An Analysis of the Learning Value of Time Studies -Life History Interviews with a Pie Chart-
Authors :森田, 恵子
石川, 幸代
永田, 美和子
Authors alternative :Morita, Keiko
Ishikawa, Sachiyo
Nagata, Miwako
Authors affiliation :西武文理大学看護学部
名桜大学人間健康学部看護学科
Issue Date :2009
Publisher :名桜大学
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1882-4412
Abstract :高齢者の背景や日常生活をイメージ・理解するための教育方法として、ライフ・ヒスリー・インタビュー(以LHI)時に円グラフを用いてタイムスタディを聴取した。このLHI記録用紙に記述された「一日の過ごし方から気がついたこと」の学びを質的に分析しカテゴリ化を行った。150の記録単位、10カテゴリ、27サブカテゴリが抽出され、円グラフを用いたタイムスタディによる学生への学習効果は以下の2点であることを考察した。この教育方法は、高齢者の日常生活の量と質を理解する方法として有効であること、及びIADLの視点を養う効果があることが示唆された。また、それは高齢者の文化・社会的活動の重要性及びその量と質を理解する教育方法として有効であると考える。
As a method of teaching a fuller understanding of the elderly, we had students take Life History Interviews (LHI) and construct pie-charts of their subjects' daily life. We analyzed students' written reports on what they had learned about how the elderly spend their days. We identified 150 activities, divisible into 10 categories and 27 subcategories. This method improves student understanding of the Quantity and quality of daily life among the elderly, and is useful (in developing) their awareness of the Instrumental Activity of Daily Living (IADL). It is also effective in helping them to appreciate the quantity. quality and importance of the culture and social activities of the elderly.
Rights :名桜大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/8226
Citation :名桜大学紀要 = THE MEIO UNIVERSITY BULLETIN no.15 p.49 -57
Appears in Collections:The Meio University bulletin

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No15p49.pdf4275KbAdobe PDFView/Open