HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa University >
Okinawa Daigaku kiyo >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/5808

 
Title :不妊虫放飼法による琉球列島からのウリミバエの根絶-なにが成功の理由か-
Title alternative :Eradication of the Melon Fly from the Ryukyu Archipelago with Sterile Insect Technique
Authors :伊藤, 嘉昭
垣花, 広幸
Authors alternative :Itô, Yosiaki
Kakinohana, Hiroyuki
Authors affiliation :沖縄大学
沖縄県ミバエ対策事業所
Issue Date :1-Mar-1995
Publisher :沖縄大学教養部
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :0388-4198
Abstract :琉球列島からのウリミバエBactrocera cucurbitae の根絶事業(1972-1993)の成功の原因を考察した。成功には対象地域と対象種が持つ幸運な特色(地理的隔離、不妊化の悪影響がないことなど)も関与しているが、さらにいくつかの技術的理由が考えられた。それらは(1)対象種の自然における生活に必要なゲノムの保持を出来る限り可能にした大量増殖法の採用、(2)記号放遂・再捕獲法で推定した自然の生息数と野外での大量増殖・不妊化雄の交尾競争力の推定と、それを入れた数学モデルによる放飼個体数の決定、(3)不妊化法抵抗性の進化に対応した追加放飼、および(4)多数のトラップで発見された「ホットスポット」への集中放飼である。論議のなかでとくに、対象種の生態学、行動学および遺伝学に関する基礎的研究の振興が必要であることを強調した。
Rights :沖縄大学教養部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/5808
Citation :沖縄大学紀要 = OKINAWA DAIGAKU KIYO no.12 p.99 -114
Appears in Collections:Okinawa Daigaku kiyo

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No12p99.pdf955KbAdobe PDFView/Open