HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Prefectural College of Nursing >
Journal of Okinawa Prefectural College of Nursing >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/5349

 
Title :施設ケア提供者の伝統行事への認識と高齢者ケアの実際-沖縄県宮古島の一介護老人福祉施設の事例-
Title alternative :Actual situation of caregivers' awareness of traditional annual events and elderly care: with reference to a case of a nursing home in Miyakojima city, Okinawa prefecture
Authors :呉地, 祥友里
大湾, 明美
佐久川, 政吉
下地, 敏洋
田場, 由紀
Authors alternative :Kurechi, Sayuri
Ohwan, Akemi
Sakugawa, Masayoshi
Simozi, Toshihiro
Taba, Yuki
Authors affiliation :沖縄県立看護大学
琉球大学教育学部
Issue Date :Mar-2010
Publisher :沖縄県立看護大学
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1345-5133
Abstract :【研究目的】目的は、沖縄県宮古島の一介護老人福祉施設において、施設ケア提供者の伝統行事への認識と伝統行事に関する高齢者ケアの実際を把握することである。【研究方法】対象は、沖縄県宮古島のA介護老人福祉施設の施設ケア提供者(以下、「ケア提供者」とする)14名であった。方法は、半構造化した面接調査で行い、その内容は(1)ケア提供者の伝統行事参加の状況、(2)ケア提供者の伝統行事への認識、(3)ケア提供者の伝統行事に関するケアの実際であった。データ分析は、面接調査内容から、語りの原文をセンテンス化し、類似した内容をまとめ、検討した。【結果と考察】1.ケア提供者は全員が、伝統行事に参加しており、高齢者の生活してきた地域の伝統行事を把握しやすいと考えられた。2.ケア提供者の伝統行事への認識は、<高齢者は先祖を崇拝している>、<家族との交流>になり<宮古島の大事な行事>とし、伝統行事は<一時帰宅の機会>となり<楽しかったことの支援>として、QOL向上のための高齢者ケアにつなげたいと認識していると考えられた。3.ケア提供者の伝統行事に関するケアの実際は、言語によるニーズ、非言語によるニーズがあり、そのニーズの充足状況は、<ニーズの充足>、<代替ケア>、<ケアの発展>であった。ケア提供者の自己評価は、<高齢者のニーズ重視のケア>、<必要なケア>、<習慣の継続>、<当たり前のケア>であった。施設入所高齢者への伝統行事の現実的なケアのあり方は、地域の生活者の一人として伝統行事について学び、参加することが、施設ケアに伝統行事を取り入れる第一歩であると推察された。
Rights :沖縄県立看護大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/5349
Citation :沖縄県立看護大学紀要 = Journal of Okinawa Prefectural College of Nursing no.11 p.51 -57
Appears in Collections:Journal of Okinawa Prefectural College of Nursing

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No11p51.pdf1091KbAdobe PDFView/Open