HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
National Institute of Technology, Okinawa College >
Bulletin of National Institute of Technology, Okinawa College(No.10~) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24826

 
Title :沖縄島南部、運玉森付近の災害伝承と与那原の変遷
Title alternative :A folk legend of a disaster at the foot of Untama-mui (Conical hill) and relocation of Yonabaru Town, Okinawa, Japan
Authors :木村, 和雄
Authors alternative :KIMURA, Kazuo
Authors affiliation :総合科学科
Issue Date :16-Mar-2021
Publisher :沖縄工業高等専門学校
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :2435-2136
Abstract :沖縄島南部に位置する運玉森の周辺には「与那の島の惨事」という災害伝承がある。その南東麓にある久葉堂という拝所は、この伝承と関連する可能性が指摘されている。しかしそれを裏付ける文書等の資料を見出せず歴史学的検証は困難なことから、微地形分類および各種地図情報の判読等の地理学的手法により、伝承の実態把握を試みた。その結果、「与那の島の惨事」とは、近世後半に起きた土石流災害によって、久葉堂周辺すなわち現在の与那原町与原付近にあった村落が壊滅した事象であると比定した。また地名の解釈から、壊滅した村落は現在の与那原町の中心である新島に移転して再興された可能性が高い。すなわち与那の島は与那原の原型あるいは前身といえる村落であった。20 世紀初頭の旧版地形図では久葉堂・与原付近に人家は無く、純然たる拝所・被災地として保全されていたように見受けられる。しかしながら、一般にこうした大規模土砂災害の発生頻度は低く、再来間隔は人間の寿命や世代交代のスパンを大きく上まわる。また対象地域は戦時中に要塞化され、さらに激戦地となったことも重なり、伝承の災害知は題目だけを残して忘れられてしまった。久葉堂も、戦後、新たにできた与原集落の拝所となったがゆえに、その由来や存在意義が曖昧になってしまった。一方で、沖縄県の行政レベルでは、与原付近の土砂災害リスクが明確に把握されている。このような環境下での住民の地域認識や現実的な防災意識を涵養するため、整備が進むハザードマップの周知と共に、「与那の島の惨事と久葉堂の由来」のような、地域固有の災害知の発掘と共有が望まれる。
There is a folk legend that "Yona no shima" (Yona village) was destructed by a natural disaster occurred around Untama-mui (Conical hill), southern part of Okinawa island. This report reveals the legend through geographical approaches. Analysis of micro geomorphology in the study area shows that the disaster was a large debris flow occurred in the period from late 18th Century to early 19th Century. The debris flow destroyed a village located in Yohbaru area. Survivors of the disaster restored a new village in Mijima area, which was located about 1km south of Yohbaru. Mijima is the present town center of Yonabaru. Yohbaru area had been conserved as a disaster memorial sanctuary until early 20th Century. Kufa-do shrine, a place of worship in Yohbaru, was constructed as a symbol the sanctuary. In the present, however, the legend has been almost forgotten due to Battle of Okinawa and subsequent development. Yohbaru area has been developed as a "new town" despite of its disaster risk. Similar settlements are widely distributed in Okinawa island. We must remember the disaster knowledge of predecessor.
Rights :沖縄工業高等専門学校
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24826
Citation :沖縄工業高等専門学校紀要 = Bulletin of National Institute of Technology, Okinawa College no.15 p.1 -8
Appears in Collections:Bulletin of National Institute of Technology, Okinawa College(No.10~)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No15p1.pdf2845KbAdobe PDFView/Open