HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24746

 
Title :コンピュータ数値シミュレーションによる明和大津波の挙動特性の解析
Authors :仲座, 栄三
Authors affiliation :琉球大学 工学部工学科社会基盤デザインコース
Issue Date :9-Oct-2020
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :コンピュータ数値シミュレーションによって,八重山諸島及び宮古島諸島を襲った明和大津波(1771年)の挙動特性を調べる研究が,これまでに数多く行われている.それらの殆どは,島々の沿岸に対して,数値計算による津波遡上高と古文書記録に記された津波遡上高や津波石分布から想定される津波遡上高との比較を行うことを主目的としている.本研究では,遡上高の比較は行わず,明和津波の波源と推定される位置から生じた津波が,八重山諸島や宮古島諸島にどのような形で来襲するものとなるのかを明らかにしている.明和大津波は,八重山諸島や宮古島諸島の島々に対して一様な現象となって現れたのではなく,ある特定の地域に際だって高い遡上高や巨大な津波石を残している.また逆に,特定の島では津波の遡上高が周りの島々よりも極端に低いと判断されるような場合もある.本研究では,平面的な津波の挙動に焦点を当てて,空間的になぜ,そのような差異が現れたのかについて明らかにしている.
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24746
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集 (Coastal Eng.) Vol.5 no.1 p.38 -49
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
vol5no1p38.pdf1222KbAdobe PDFView/Open