HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and River Engineering >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24708

 
Title :自然石を用いた水制効果に関する研究
Authors :玉城, 正寛
仲座, 栄三
Authors affiliation :琉球大学工学部環境建設工学科
琉球大学工学部工学科
Issue Date :1-Sep-2020
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :自然河川の持つ多様な環境特性などが失われた河川において,人工的に自然石を配置し,流れの特性を変え,河道内に淵や瀬を形成させる工法などがとられている.それには,経験者による直観に頼っている部分もあり,力学に基づいた検討も期待されている.本研究は,iRIC-Nays2DHを用いた数値計算によってそうした工法の特性を力学的に明らかにしている.研究では,直線状河川及び蛇行部を有する河川モデルに対して,自然石を直線状に配置した場合,流れに対して凹状及び凸状に配置した場合について検討している.直線状に配置した場合は,その下流側に射流部が形成され,Mahc lineの形成により,河道中央部にMach lineの集中点が形成され,そのパターンが継続しながら跳水現象が形成されることが明らかにされている.また,流れに対して凹状及び凸状に配置した場合は,それぞれ河道中央部に流速の低下域及び増大域を形成させることが明らかにされている.
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24708
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集 (River Eng.) Vol.5 no.1 p.1 -4
Appears in Collections:Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and River Engineering

Files in This Item:

File Description SizeFormat
vol5no1p1.pdf1191KbAdobe PDFView/Open