HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24706

 
Title :自然海岸における人工的巻波砕波形成への挑戦
Authors :奥間, 海
仲座, 栄三
Issue Date :1-Sep-2020
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :自然海浜海岸に発生する波の砕波は,spilling,plunging,collapsing,surgingの4つのタイプに大別できることが知られている.その中でもplunging砕波は,“巻波砕波”と呼ばれ,サーフィンの上級者に好まれている.自然海岸では4つの砕波形式の内のいずれかが発生するのであるが,沖側から来襲する波浪を砕波する直前に,何らかの形で人工的に砕波形式を変える方向へと導くことができれば,サーフィンが楽しめる海岸創りとなり得る.本論は,自然海岸の海底に人工斜面を設置することで,砕波形式を積極的にplungingに変化させることについて,数値計算を用いて検討している.数値計算結果は,一様斜面勾配の海岸の砕波形式が4つのタイプに大別されることを示した上で,人工斜面設置が砕波形式をspillingタイプからplungingタイプへと変化させることに成功したことについて説明している.
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24706
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集 (Coastal Eng.) Vol.5 no.1 p.24 -26
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
vol5no1p24.pdf952KbAdobe PDFView/Open