HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Christian University / Okinawa Christian Junior College >
Journal of Okinawa Christian Junior College >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24664

 
Title :保育者の保育実践における思考過程と省察に関する一考察
Title alternative :A Study on the Thought Process and the Reflection of Nursery Teacher in Childcare Practice
Authors :赤嶺, 優子
Authors alternative :Akamine, Yuko
Authors affiliation :沖縄キリスト教短期大学保育科教授 幼児教育学
Issue Date :31-Jan-2019
Publisher :沖縄キリスト教短期大学
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :0385-1745
Abstract :保育実践において省察は、保育を振り返る作業として必要とされている。しかし、保育者が何をどのように、省察しているかは、見えないでいる。それは、保育者の思考過程が暗黙の知で構造されており、言語化されにくいからである。本稿においては、保育者が保育実践においてどのように省察をしているのか、思考過程に踏み込み、言語化を試みる。 我が国において、保育実践における省察の必要性は、古くから語り伝えられている。しかし、保育終了後に行うものと捉えられていた。近年、これからの専門家について説いているマサチューセッツ工科大学のドナルド・ショーンは、目的が変化するマイナーな職業を持つソーシャルワークや図書館、教育者、神学、都市計画に関わる専門家の省察には、「行為についての省察(reflection on action)」と「行為の中の省察(reflection in action)」があることを提唱している。 その提唱によると、ソーシャルワークである保育者は、保育実践中でも省察は、行われている。もしくは、行うことが求められていると言うのである。 本稿は、保育者の省察について、保育者の思考過程に焦点をあて、暗黙知である保育者の省察を言語化し、省察について考察をした内容である。
Rights :沖縄キリスト教短期大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24664
Comment :※要約のみの掲載
Citation :沖縄キリスト教短期大学紀要 = JOURNAL of Okinawa Christian Junior College no.48 p.37 -48
Appears in Collections:Journal of Okinawa Christian Junior College

Files in This Item:

There are no files associated with this item.