HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Christian University / Okinawa Christian Junior College >
Okinawa Christian University Review >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24658

 
Title :The Prospects for Glocalisation in a Globalised ELT World: Perceptions and Realities
Title alternative :グローバル時代の英語教育におけるグローカリゼーションの可能性 ―認知と現実―
Authors :比嘉, 麻莉奈
Authors alternative :Higa, Marina
Authors affiliation :沖縄キリスト教学院大学人文学部英語コミュニケーション学科非常勤講師 TEFL、TESOL
Issue Date :8-Feb-2019
Publisher :沖縄キリスト教学院大学
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1349-8479
Abstract :In this study, I conducted interviews with novice and experienced EFL practitioners at a university in the United Kingdom. The interviewees were part of my postgraduate study in TESOL, and they participated in the qualitative portions of my research. As citizen of Japan and native resident of Okinawa, I was initially interested in the English language itself as a signifier of neoliberal globalisation and vehicle for the spread and application of such economic policies, especially in my place of birth, a region that has long been the site of such economic experimentation. What relationship does English have to the formation of our identities as non-native speakers as well as to the erasure of unique cultures and histories and foreign languages? Such questions led to my discovery of and interest in glocalisation emerged in my studies, and I sought to understand how this concept might be used to resist the totalising globalising forces threatening the culture from which I come. This essay reports on my findings, which suggest that EFL teachers already have a heightened awareness of the usefulness of glocalisation as theory to inform teaching practices.本研究では、英国の大学院において新人およびベテランのEFL実践者にインタビューを行った。この質的研究にご協力い ただいた調査対象者は、著者の大学院研究の関係者である。沖縄県民、そして日本国民である著者は最初、特に長年その実験現場となってきた故郷における新自由主義的グローバル化の象徴として、また、そのような経済政策普及の有用性を伝達する媒体としての英語に興味を示した。英語は、ノンネイティブとしての我々のアイデンティティの形成、また、少数派の文化、歴史、そして言語の駆逐に対してどのような関係性を持つのか。優勢言語である英語以外の少数派の存在を脅かしている組織化されたグローバライゼーションが持つ力に対し、グローカライゼーションというコンセプトはどのように抵抗できるのであろうか。英語教育者のグローカライゼーションに対する関心・発見が、本研究では明らかになった。そのため、本研究からは、研究参加者であるEFL実践者のグローカライゼーションに対する関心・発見と、彼らがその有用性について高い認識を示したという調査結果を導き出すことが出来た。
Rights :沖縄キリスト教学院大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24658
Citation :沖縄キリスト教学院大学論集 = Okinawa Christian University Review no.16 p.17 -31
Appears in Collections:Okinawa Christian University Review

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No16p17-31.pdf2008KbAdobe PDFView/Open