HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Meio University >
null >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24589

 
Title :沖縄県における米軍基地公害と健康被害についての文献検討
Title alternative :Literature review of pollution caused by US military base and health damage in Okinawa
Authors :野原(吉岡),萌
稲垣, 絹代
Authors alternative :Nohara,Moe
Inagaki, Kinuyo
Authors affiliation :名桜大学環太平洋地域文化研究所
Issue Date :Mar-2020
Publisher :名桜大学環太平洋地域文化研究所
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-5243
Abstract :第二次世界大戦時に地上戦が展開された沖縄では,戦中から始まった米軍の土地接収により多くの 米軍基地が作られ,現在は沖縄県全体の面積の8.3%を占めている。米軍基地があることによる沖縄の 地域社会への影響は様々で,その中には基地活動を起因とする環境問題(以下,基地公害)と住民へ の健康被害が報告されている。本研究では,1945年から2019年9月までに出版された書籍や論文・報 告書,新聞を対象とし,基地公害や健康被害について今までにどのような被害があったのか,どのよ うに変遷してきたかを明らかにし,取り巻く問題(課題)についての示唆を得ることを目的とした。 調査対象は書籍5件,論文・報告書8件,新聞9件であった。結果として,原因別に「毒ガス・化学 薬品」,「枯葉剤・除草剤」,「航空機騒音」,「泡消火剤の飲料水・河川汚染」,「核兵器・核実験」,「ア スベスト・汚水」の6つに分けられた。そして,戦後から現在まで様々な形を変えながらも続いてい ることが明らかとなった。基地公害と健康被害を取り巻く問題として,日米地位協定を締結している 問題,公害による長期的な影響という特質のため明確な因果関係を提示する困難さや,研究活動自体 が政治的な問題として捉えられてしまう恐れがあり,それらの現状が基地公害と健康被害の研究を阻 む大きな壁となっていることが示唆された。
Rights :名桜大学環太平洋地域文化研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24589
Citation :名桜大学環太平洋地域文化研究 no.1 p.93 -99
Appears in Collections:null

Files in This Item:

File Description SizeFormat
093-099 野原(吉岡)萌ほか.pdf886KbAdobe PDFView/Open