HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Meio University >
null >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24588

 
Title :直接占領下 沖縄県の離島におけるトラコーマ感染症対策
Title alternative :Measures against Trachoma Infection in remote islands of Okinawa during Direct-occupied period
Authors :安和,やよい
名城,一枝
Authors alternative :Awa,Yayoi
Nashiro, Kazue
Authors affiliation :名桜大学環太平洋地域文化研究所
名桜大学人間健康学部看護学科
Issue Date :Mar-2020
Publisher :名桜大学環太平洋地域文化研究所
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-5243
Abstract :占領下の沖縄県の離島で行われたトラコーマ感染症対策がどのように実施されたかを明らかにするた めに感染症対策についてまとめられたUSCAR史料を検証した。結果,1966年に南大東島・北大東島で 実施されたトラコーマに対する感染症対策はUSCAR看護顧問の主導ではなく,米国陸軍の宣撫部隊で あるSAFAsia が実施した。検診を受けた住民の60%がトラコーマに感染しており,学校では教職員が, 地域では役場職員と公衆衛生看護婦が中心となってトラコーマ感染症対策が行われたことがわかった。
Rights :名桜大学環太平洋地域文化研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24588
Citation :名桜大学環太平洋地域文化研究 no.1 p.87 -91
Appears in Collections:null

Files in This Item:

File Description SizeFormat
087-091 安和やよい ほか.pdf798KbAdobe PDFView/Open