HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Meio University >
null >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24572

 
Title :沖縄県E自治体における保健福祉行政職員の貧困家庭への支援の現状と課題
Title alternative :Current status and challenges of support for poor families of public health and welfare administrative staff in E local government in Okinawa
Authors :和田,陽香里
田場,真由美
Authors alternative :Wada Hikari
Taba Mayumi
Authors affiliation :大学院看護学研究科
人間健康学部看護学科
Issue Date :Mar-2020
Publisher :名桜大学環太平洋地域文化研究所
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-5243
Abstract : 日本の子どもの貧困率は平成27年時点で13.9%である一方,沖縄県の子どもの貧困は29.9%とさらに 深刻で,子どもの約3人に1人は貧困家庭で暮らしている。親の貧困は子どもの貧困へと連鎖し,貧 困による世代間連鎖の解消が喫緊の課題である。そのため,国を始め,地方自治体から貧困問題に対 する施策や事業がなされている。  本研究の目的は,貧困支援に関わっている,生活保護課と家庭児童相談室の福祉職,母子保健担当 の保健師にインタビューを行い,貧困家庭への支援の現状と課題を明らかにすることである。  沖縄県E自治体の保健福祉行政職員4名を研究協力者とし,半構造的面接を行い,質的統合法(KJ 法)を用いて個別分析と総合分析を行った。その結果,4事例全体の総合分析から6つのシンボルマー クが抽出された。保健福祉行政職員は貧困家庭の支援に関わる中で,〖格差から生じた負の連鎖〗が 【貧困の要因】として根底にあると感じ,支援する中で,〖行政と対象者間の意識の食い違い〗から支 援の困難を抱えながらも,〖法的縛りの中でケースに合わせた多様な支援〗を行っているという現状が 明らかとなった。そのため,保健福祉行政職員は〖役割の明確化と支援の共有〗のとれた【多職種連携】 をとることで,〖貧困脱却のための体制づくり〗としての【継続的支援】と,〖貧困脱却のための生涯 教育〗としての【自律支援】の両面からの支援の必要性が示唆された。
Rights :名桜大学環太平洋地域文化研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24572
Citation :名桜大学環太平洋地域文化研究 no.1 p.59 -70
Appears in Collections:null

Files in This Item:

File Description SizeFormat
059-070 和田陽香里 ほか.pdf948KbAdobe PDFView/Open