HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
The Okinawa Geographical Society >
Okinawa Journal of Geographical Studies >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24488

 
Title :[論説] 秋吉台における地形面とリレンカレンの形状に関する一考察
Title alternative :[Article] Relationship between Geomorphic Surface and Rillenkarren Morphology in Akiyoshi-dai Plateau
Authors :羽田, 麻美
Authors alternative :Hada, Asami
Authors affiliation :琉球大学国際地域創造学部
Faculty of Global and Regional Studies, University of the Ryukyus
Issue Date :28-Jun-2019
Publisher :沖縄地理学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
ISSN :0916-6084
Abstract :本研究では,秋吉台の(a)地獄台面(b)真名ヶ岳面,(c)若竹原面という 3 つの地形面におけるリレンカレンを対象にして,地形面毎の形状計測と既存の室内実験の結果から,発達段階の地域差に関する考察を試みた.その結果,若竹原面<真名ヶ岳面<地獄台面という地形面が高い(古い)順に,リレンカレンの幅と深さが大きいこと,リレンカレンの凹凸の程度を示す深さ/幅は,地獄台面において最も大きいことがわかった.すなわち,秋吉台におけるリレンカレンは,若竹原面・真名ヶ岳面よりも地獄台面において相対的に発達が進んでいる状態であることを示す.
Rights :沖縄地理学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24488
Citation :沖縄地理 no.19 p.33 -39
Appears in Collections:Okinawa Journal of Geographical Studies

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No19p33.pdf4613KbAdobe PDFView/Open