HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa University >
Regional studies >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24451

 
Title :子どもの居場所等の意義と関係機関等との連携に関する研究 : 居場所等の機能に着目して その2
Title alternative :Study of Significant of own place for children and collaborating among concerned organizations.
Authors :島村, 聡
金城, 隆一
鈴木, 友一郎
稲垣, 暁
Authors alternative :Shimamura, Satoru
Kinjyo, Takakazu
Suzuki, Yuichiro
Inagaki, Satoru
Authors affiliation :沖縄大学人文学部
沖縄大学地域研究所特別研究員
沖縄大学地域研究所特別研究員
沖縄大学地域研究所特別研究員
Issue Date :Oct-2019
Publisher :沖縄大学地域研究所
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-2082
Abstract :沖縄本島中南部にある5か所の子どもの居場所等の職員、および、当該居場所を管轄する自治体の担当課の職員に居場所運営についてのインタビューを実施したところ、居場所は自身持つ指向から活動型と支援型に分かれ、行政のスタンスから地域型と機関型に分かれることが判明した。行政におかれた子どもに貧困対策支援員は、位置づけの曖昧さから、これらの居場所のネットワーク拡大には寄与できていない。
Rights :沖縄大学地域研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24451
Comment :要旨:沖縄本島中南部にある5か所の子どもの居場所等の職員、および、当該居場所を管轄する自治体の担当課の職員に居場所運営についてのインタビューを実施したところ、居場所は自身持つ指向から活動型と支援型に分かれ、行政のスタンスから地域型と機関型に分かれることが判明した。行政におかれた子どもに貧困対策支援員は、位置づけの曖昧さから、これらの居場所のネットワーク拡大には寄与できていない。
Citation :地域研究 = Regional Studies no.24 p.51 -62
Appears in Collections:Regional studies

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NO24p51.pdf1523KbAdobe PDFView/Open