HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Physics) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/24287

 
Title :アインシュタインの相対性理論に関する時間及び長さのパラドックスを解く
Authors :仲座, 栄三
Authors affiliation :琉球大学工学部工学科
Issue Date :26-Aug-2019
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :アインシュタインの相対性理論からは時間及び長さに関するパラドックスが派生される.これまでに,それらについて様々な解釈が投じられてきている.本論は,仲座の新相対性理論によって,それらの解釈の誤りを正すものである.これにより,双子のパラドックス,浦島効果,ガレージのパラドックス,2 台のロケットの同時発射の問題,原子時計の時間の遅れ,一般相対性理論における時空の歪(曲がり)など,これまでパラドックスとされてきた問題が解決される.
Rights :沖縄科学防災環境学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/24287
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集(Physics) Vol.4 no.1 p.15 -23
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Physics)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol4No1p15.pdf519KbAdobe PDFView/Open