ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄農業研究会 >
沖縄農業 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/23752

 
タイトル :黒麹菌を用いた固体発酵によるサトウキビエキスの開発
別言語のタイトル :Development of sugar cane extract by solid-state fermentation method using Aspergillus luchuensis.
著者 :広瀬, 直人
照屋, 亮
三枝, 隆裕
和田, 浩二
別言語の著者 :Hirose, Naoto
Teruya, Ryo
Mitsue, Takahiro
Wada, Koji
著者所属 :沖縄県農業研究センター
沖縄工業高等専門学校
琉球大学農学部
作成日 :2017-2-10
公開者・出版者 :沖縄農業研究会
収録種別 :雑誌掲載論文
NIIタイプ :Journal Article
ISSN :1344-1477
内容記述 :サトウキビ粉砕物に黒麹菌を接種して固体発酵を行った後に搾汁し,サトウキビエキスを得た.サトウキビエキスはアンジオテンシンⅠ変換酵素阻害活性及び抗変異原性を有していた.黒麹菌によるさとうきび粉砕物の固体発酵は,泡盛蒸留廃棄物を添加することで促進された.
Sugar cane extract was developed by solidュstate fermenting crushed sugar cane with Aspergillus luchuensis, and squeezing after fermentation. The extract had angiotensin I converting enzyme inhibitory activity and antimutagenicity. The solid-state fermentation of the crushed sugarcane by Aspergillus luchuensis was promoted by adding Awamori distillation waste.
権利 :沖縄農業研究会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/23752
掲載雑誌 :沖縄農業 Vol.48 no.1 p.27 -34
出現コレクション:沖縄農業

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol48No1p27.pdf778KbAdobe PDF見る/開く