ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄農業研究会 >
沖縄農業 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/23751

 
タイトル :施肥管理を通じたサトウキビの糖度向上に関する研究 : 第1報.塩化カリおよび硫酸カリがポット栽培サトウキビのショ糖含有率に与える影響
別言語のタイトル :Studies on an Improvement of Sugarcane Quality through Fertilizer Management Practices. : 1. Effects of Potassium Chloride and Potassium Sulfate on Sucrose Concentration in Sugarcane Juice under Pot Conditions.
著者 :渡邉, 健太
福澤, 康典
河﨑, 俊一郎
冨永, 淳
薮田, 伸
諏訪, 竜一
上野, 正実
川満, 芳信
別言語の著者 :Watanabe, Kenta
Fukuzawa, Yasunori
Kawasaki, Shun-Ichiro
Tominaga, Jun
Yabuta, Shin
Suwa, Ryuichi
Ueno, Masami
Kawamitsu, Yoshinobu
著者所属 :琉球大学農学部
鹿児島大学大学院連合農学研究科
大東糖業株式会社
エスペックミック株式会社
作成日 :2017-2-10
公開者・出版者 :沖縄農業研究会
収録種別 :雑誌掲載論文
NIIタイプ :Journal Article
ISSN :1344-1477
内容記述 :一般的にサトウキビ栽培にはカリ肥料に塩化カリ(KCl)が用いられる.これまでに沖縄県においてサトウキビ搾汁液中に含まれるK^+とショ糖含有率の間には負の相関関係があることが報告されている.一方で,硫酸カリ(K_2SO_4)施肥量を増加させたポット試験ではショ糖含有率の低下は確認されていない.このことから,サトウキビの糖度はK^+だけでなくCl^-やSO_4^<2->などの副成分にも影響される可能性がある.この仮説を検証するためKClおよびK_2SO_4を用いて施肥量を変化させたポット試験を2度行った.カリ肥料の種類によらず,搾汁液中K^+,Cl^-含有率は施肥量の増加にともない著しく増加したが,SO_4^<2->含有率への処理の影響は小さかった.試験1において8月の時点ではKCl,K_2SO_4施肥区ともに施肥量の増加にともないショ糖含有率が増加する傾向が認められた.しかし,10,12月のサンプリングではKCl施肥量が増加するとショ糖含有率が低下,K_2SO_4施肥量が増加するとショ糖含有率が増加する傾向が見られ,カリ肥料の種類によりショ糖へ与える影響が異なった.同様に試験2でもショ糖含有率の低下はKCl施肥下でのみ確認された.このことから,K^+ではなくKClに含まれるCl^-が糖度低下の主要因であると考えられ,カリ肥料が過剰に施肥されている地域ではKCl施肥量の低減またはK_2SO_4の代替利用により,サトウキビの糖度向上を達成できる可能性が示された.
Sugarcane is generally fertilized with potassium chloride (KCl). It has been reported that there is a negative correlation between K^+ and sucrose concentrations in sugarcane juice in Okinawa. On the other hands, pot experiments revealed that increasing levels of potassium sulfate (K_2SO_4) did not decrease sucrose concentration, indicating that sugarcane quality may be affected not only by K^+ but by other components of potassium fertilizer, such as Cl^− and SO_4^<2−>. We thus conducted two pot experiments changing levels of KCl and K_2SO_4 to test this hypothesis. As potassium levels increased, irrespective of types of potassium fertilizers, K^+ and Cl^− concentrations in juice significantly increased, while SO_4^<2−>concentration did not change much. In the first experiment, both KCl and K_2SO_4 enhanced sucrose concentration in August. In October and December, however, the relationships completely changed based on the potassium type: with an increase of potassium fertilizer, sucrose concentration decreased in KCl plots but increased in K_2SO_4 plots. Similarly, sucrose reduction was only seen with increasing KCl levels in the second experiment. These results suggest that Cl^− is the primary factor in sucrose reduction, suggesting that we may improve sugarcane quality by lowering KCl amount or using K_2SO_4 instead of KCl.
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/23751
掲載雑誌 :沖縄農業 Vol.48 no.1 p.15 -25
出現コレクション:沖縄農業

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol48No1p15.pdf851KbAdobe PDF見る/開く