ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄大学 >
沖縄大学法経学部紀要 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/23428

 
タイトル :フランチャイザーの詐欺行為が故意不法行為を構成する場合において過失相殺の適用が否定された事例
別言語のタイトル :La responsabilité délictuelle du franchiseur ayant commis le dol contre le franchisé
著者 :矢島, 秀和
別言語の著者 :YAJIMA, Hidekazu
著者所属 :法経学部専任講師
作成日 :2018-9
公開者・出版者 :沖縄大学法経学部
収録種別 :紀要論文
NIIタイプ :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1346-3128
権利 :沖縄大学法経学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/23428
掲載雑誌 :沖縄大学法経学部紀要 no.29 p.33 -51
出現コレクション:沖縄大学法経学部紀要

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
no29p33.pdf683KbAdobe PDF見る/開く