ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
名桜大学 >
名桜大学紀要 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/23393

 
タイトル :沖縄県北部における実践能力向上のための取り組み : 『 フリースタイル出産介助』講習会開催報告
別言語のタイトル :Efforts to develop practical abilities in Yanbaru: Report on a “freestyle maternity assistance” workshop
著者 :小柳, 弘恵
鶴巻, 陽子
島田, 友子
著者所属 :名桜大学人間健康学部看護学科
作成日 :2018-3
公開者・出版者 :名桜大学
収録種別 :紀要論文
NIIタイプ :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1882-4412
内容記述 :フリースタイル出産は、「自由な姿勢」「自由な場所」「自由な心」で出産するスタイルである。産婦が自分の本能に合わせて自発的に動くため、産痛は軽減され、過剰な医療介入がなく自分と胎児の力で出産することから「自分で産んだ」という感覚を持ち、出産満足度が高いといわれている。WHOの勧告でも「胎児の安全性が確保できれば産婦はできるだけ拘束のない自由な姿勢で過ごすことができるように配慮されるべき」と記されている。しかし、沖縄県内の産科施設でフリースタイル出産を導入している施設はあまりない。本年、本学に助産学専攻科が開設された。その記念事業としてフリースタイル出産介助法の講習会を開催した。分娩時の損傷も少なく産痛軽減効果、出産満足度が高いフリースタイル出産が沖縄県北部で普及することを祈念して企画したものである。本稿では、講習会の概要および受講者の感想と、そこから見出された沖縄県北部における助産実践能力の向上と「安全・安心・満足できる」出産・育児環境整備のために本学が担う役割について報告する。
権利 :名桜大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/23393
掲載雑誌 :名桜大学紀要 = THE MEIO UNIVERSITY BULLETIN no.23 p.109 -115
出現コレクション:名桜大学紀要

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No23p109.pdf1606KbAdobe PDF見る/開く