ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
名桜大学 >
名桜大学紀要 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/23392

 
タイトル :中国の都市部医療と農村部医療にみる高齢者医療福祉の現状と課題 : 中国の都市部病院、農村診療所、私立と公立の老人ホーム、山東省社会科学院への訪問と交流からみえたこと
別言語のタイトル :Medical Welfare for the Elderly in Urban and Rural Medical Care in China: Based on visits to and exchanged with an urban hospital, a rural clinic, public and private nursing homes, and the Shandong Social Science Institute.
著者 :吉岡, 萌
稲垣, 絹代
佐々木, 和由
魏, 廣平
著者所属 :名桜大学人間健康学部看護学科
作成日 :2018-3
公開者・出版者 :名桜大学
収録種別 :紀要論文
NIIタイプ :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1882-4412
内容記述 :中国の高齢化率は徐々に高まってきており、2020年には12.1%、2050年には27.6%になると推計されている。また、2016年に廃止された一人っ子政策の推進により、高齢者を支える働き世代が少なくなっていることから、多くの高齢者を少ない人数で支えなければならない問題が迫ってきている。さらに、中国の医療保険制度は住んでいる地域や職業により加入する種類が異なり、都市部と農村部での医療格差や経済格差が生じている。中国の高齢者ケアの現状と課題を明らかにするために今回、中国の、主に山東省の病院、老人ホーム、社会科学院を訪問、交流し、調査を行った。その結果、都市部と農村部の医療保険制度の格差、農村部高齢者のケアを担う人材不足という課題が明らかとなった。また、中医学を中心とした中国の伝統的医療の存在が、中国の健康寿命を延伸する可能性を秘めていることが示唆された。山東省社会科学院との交流から、日本と中国の高齢者医療福祉について情報共有をしていくことで、お互いの強みを発見することができ、日本で先進的に行われている高齢者ケアと中国の伝統的医療の良い部分をお互いの国の高齢者ケアに生かすことができるという示唆を得ることができた。今回の交流を今後とも継続し、中国との共同連携を進めていきたい。
権利 :名桜大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/23392
掲載雑誌 :名桜大学紀要 = THE MEIO UNIVERSITY BULLETIN no.23 p.93 -102
出現コレクション:名桜大学紀要

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No23p93.pdf2532KbAdobe PDF見る/開く