ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄地理学会 >
沖縄地理 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22799

 
タイトル :[論説] 高齢者における観光ボランティアガイド活動の特徴と継続要因 : 今帰仁グスクを学ぶ会を事例に
別言語のタイトル :[Articles] Characteristics and Continuation Factors of Volunteer Tour Guide Activities in the Elderly : A Case of Nakijingusuku Wo Manabukai
著者 :卯田, 卓矢
別言語の著者 :Uda, Takuya
著者所属 :Faculty of International Studies, Meio University
名桜大学国際学群
作成日 :2018/6/25
公開者・出版者 :沖縄地理学会
収録種別 :雑誌掲載論文
NIIタイプ :Journal Article
ISSN :0916-6084
内容記述 :本稿は今帰仁グスクを学ぶ会を事例に,高齢者のボランティアガイド活動の特徴とその継続要因を検討した.その結果,学ぶ会における高齢のボランティアガイドは長期に渡り活動を続けているものの,その多くに加齢に伴う身体的機能の変化がみられた.具体的には,体力や筋力の低下,急な体調不良,認知機能の低下などが生じていた.しかし,彼らはこれら様々な影響を単に不安視しながら活動を行っているわけではなく,自身の身体的機能の現状を自覚し,その現状に適した活動環境を再構築していた.一方,学ぶ会による様々な配慮や多様な学習機会,柔軟なガイド基準なども活動の継続に大きな役割を果たしていた.現在,ガイド組織の多くは高齢のボランティアガイドにより成り立っている.そのため,本稿で解明したボランティアガイドとガイド組織それぞれの実践は組織の継続的運営に重要な示唆を与えるものと考えられる.
権利 :沖縄地理学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22799
掲載雑誌 :沖縄地理 no.18 p.1 -16
出現コレクション:沖縄地理

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No18p1.pdf28565KbAdobe PDF見る/開く