HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
The Okinawa Geographical Society >
Okinawa Journal of Geographical Studies >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22782

 
Title :[Articles] Structural Landforms of Tonaki Island, Okinawa
Title alternative :[論文] 渡名喜島の組織地形
Authors :Maekado, Akira
Authors alternative :前門, 晃
Authors affiliation :Department of Geography, University of the Ryukyus
琉球大学法文学部
Issue Date :2003/9/30
Publisher :沖縄地理学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
ISSN :0916-6084
Abstract :渡名喜島にみられる組織地形と構成岩石との対応関係を調べ,組織地形の成因を考察した.組織地形の尾根部は石灰岩,苦灰岩で構成され,谷部は千枚岩で構成される.千枚岩風化土壌へのアプローチが困難であったため,石灰岩,班岩風化土壌の土壌硬度,せん断強度を調べた.その結果,自然含水比,飽和状態のいずれの含水比でも班岩風化土壌の土壌硬度,せん断強度が石灰岩風化土壌のそれより大きいことがわかった.石灰岩,千枚岩(班岩)が風化し,その風化層の侵食によって組織地形が形成されるとすれば,土壌硬度・せん断強度の小さい石灰岩が谷部,両強度の大きい千枚岩(班岩)が尾根部を形成するはずであるが,地形と構成岩石風化土壌の強度とは逆の関係になっている.今回の調査結果からは,風化層の強度から組織地形の成因を説明できないことが判明した.
Rights :沖縄地理学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22782
Citation :沖縄地理 no.6 p.91 -94
Appears in Collections:Okinawa Journal of Geographical Studies

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No6p91.pdf1247KbAdobe PDFView/Open