HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Meio University >
Meio Daigaku Sougou Kenkyu >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22567

 
Title :“イマドキ”大学生の大学生活のサポートに関連した大学職員の現状
Title alternative :Current state of the university staff related to the support of university nowadays students of university life
Authors :平上, 久美子
大城, 凌子
鈴木, 啓子
鬼頭, 和子
Authors alternative :Hirakami, Kumiko
Oshiro, Ryoko
Suzuki, Keiko
kito, kazuko
Authors affiliation :名桜大学人間健康学部看護学科
Issue Date :Mar-2018
Publisher :名桜大学総合研究所
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-5243
Abstract :本研究の目的は,“イマドキ”大学生の大学生活のサポートに関連した大学職員の現状を明らかにし,大学生が活き活きと大学生活を送るための大学職員による有効な関わりや必要なサポートを考察することである。研究者らの作成した自記式質問紙調査への協力を得られた,窓口対応を通して学生と接する機会の多い20~50歳代のA大学職員9名の回答を集計し,学生との関わりに関する自由記述7項目を質的帰納的に分析した。学生サポート経験は平均5,6年,1日の学生対応2~30人と背景の異なる職員であった。自由記述から【イマドキ大学生の特徴を感得】,【学生に必要なサポートを提供する環境を整備】,【状況にあわせた具体的対応】,【個々の学生に配慮した関わり】,【見出した有効な関わり】,【自らの生活への影響】【学生との関わりに関する展望】が抽出された。職員は,イマドキ大学生に困惑しながらも理解を深めこの理解と役割に熱意をもって学生と向き合い,関わっていることがわかった。職員の関わりは様々な教育者役割を担う成人学習理論に則ったサポートや社会人としての自律をめざす汎用性能力の育成,さらに,学生と協同し大学づくりを目ざしたい展望を示していた。これらは大学に求められていることであり,職員の関わりは“イマドキ”大学生が活き活きと大学生活を送るための有効なサポートになっていることが示唆された。さらに,職員の関わりにはメンタルヘルスのサポートもあり,今後取り組まれる教職員連携や大学環境の整備,学生間の交流の支援などが示唆された。
This research clarified the current state of support for nowadays university students’ college life by university staff. And we considered the necessary support for university students. We conducted a recording questionnaire to nine full-time staff members of A University who have many opportunities to interact with university students. Those members are between 20s to 50s and their student support experience was an average of 5 to 6 years. We analyzed seven comments concerning students in qualitative inducing way. Seven elements were picked out as results of the analysis. They were : [to grasp feature of the modern university students], [improve the environment to provide students with necessary support], [concrete correspondence to the situation], [conscious involvement of individual students],[concerning which thinks it was effective],[ influence to staff’s life] and[ view about concerning with a student]. A staff member, while getting into troubles dealing with a present university student, deepened his understanding toward this latter. Faculty members were able to take in charge university students according to ‘adult learning theory’. This support’s aim was to lead students to self-control. In this way, they cooperated with students to develop forward prospects for their university. Moreover, faculty members’ intervention will lead to an effective support for present university students.
Rights :名桜大学総合研究
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22567
Citation :名桜大学総合研究 no.27 p.47 -61
Appears in Collections:Meio Daigaku Sougou Kenkyu

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No27p47.pdf833KbAdobe PDFView/Open