ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄キリスト教学院大学・沖縄キリスト教短期大学 >
沖縄キリスト教学院大学論集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22288

 
タイトル :在沖フィリピン人女性の多元的アイデンティティ
別言語のタイトル :Plural Identities of Filipino Women Living in Okinawa
著者 :仲里, 和花
別言語の著者 :Nakazato, Kazuka
著者所属 :沖縄キリスト教学院大学人文学部英語コミュニケーション学科准教授学術
作成日 :2018-3-16
公開者・出版者 :沖縄キリスト教学院大学
収録種別 :紀要論文
NIIタイプ :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1349-8479
内容記述 :筆者は、沖縄県在住フィリピン人女性の抱えるコミュニケーションの問題に関心を持ち、2011年から調査研究を続けて いる。筆者の出会ってきた在沖フィリピン人女性達は、沖縄社会において、言葉の壁にぶつかりながらも、沖縄人男性と 結婚し、出産・育児を経験し、就労しながら沖縄社会に適応していた。彼女達は、日本語、英語、タガログ語、地方語の 複数言語を使いこなし、妻、母親、嫁、就労者として様々な顔を持つ。本稿では、調査協力者の在沖フィリピン人女性が、自分の培ってきた複数言語を使う行為を通して、どのように多元的アイデンティティを構築しているのかを考察した。そ の結果、彼女達は言語能力の不足から「アイデンティティの揺れ」を経験するが、さらなる言語習得によってアイデンティティの立て直しを図っていた。また、彼女達の中には、日本語⇒英語⇒タガログ語⇒地方語の順に言語の階層性があり、子供の言語継承に関して、日本語や英語の継承には熱心だが、タガログ語や地方語の継承は難しいことがわかった。
Abstract. The author has been conducting research since 2011 into the issue of intercultural communication among Filipino women living in Okinawa. The Filipino women the author met are married to Okinawan men, have had experience of giving birth and rearing children, and have jobs in Okinawa. They have tried to find a way to adjust to Okinawan society while struggling with the language barrier. The aim of this article is to show how these Filipino women have constructed their self-identities in Okinawan society. The author conducted semi-structured interviews with six Filipino women living in Okinawa. The data were analyzed by using the modified grounded theory approach. Results indicated that the interviewees were using at least three languages in their daily lives, such as Japanese, English, and Tagalog(or local Filipino languages.)Which language they used depended on the situation and as a result they have constructed three self-identities. When they faced difficulty in speaking Japanese, they tended to experience agitation of their (Japanese) identities. However, they overcame the difficulty by studying Japanese further to try to reconstruct their identities. The development of their language abilities makes their identities more evolved. Their plural self-identities have been integrated in the face of agitation, dissolution and ultimately the renewal of their identities.
権利 :沖縄キリスト教学院大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22288
掲載雑誌 :沖縄キリスト教学院大学論集 = Okinawa Christian University Review no.15 p.29 -40
出現コレクション:沖縄キリスト教学院大学論集

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No.15p29-40.pdf418KbAdobe PDF見る/開く