HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Christian University / Okinawa Christian Junior College >
Okinawa Christian University Review >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22267

 
Title :大学生の英文法に対する意識・態度・行動に関する量的研究 : 英文法の学習・指導方法への示唆
Title alternative :A Quantitative Study on University Students’ Consciousness, Attitude and Behavior toward English Grammar : Suggestions for Better Ways of Learning and Teaching English Grammar
Authors :大城, 直人
Authors alternative :Oshiro, Naoto
Authors affiliation :沖縄キリスト教学院大学人文学部英語コミュニケーション学科准教授・英語教育学
Issue Date :16-Mar-2018
Publisher :沖縄キリスト教学院大学
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1349-8479
Abstract :本研究では、大学生の英文法に対する意識・態度・行動について、量的研究手法に基づいて分析を試みた。その結果、英文法に習熟することが自信の涵養や英語熟達度の向上と深く関わっていることを明らかにした。また、中学・高校における英文法学習の充実を図ることが、学習者の自律を促し、学習全体の管理・調整を担うメタ認知的方略の習得・使用を 可能にすることも確認できた。さらに、英語4技能の中で学習者が得意とする分野の取り組みを通して英文法を学習することで、学習が効果的に行われる可能性があることについても示唆することができた。加えて、英文法の明示的知識の習 得が、多岐に渡って重要であることを改めて示すことができた。これらの結果を踏まえ、英文法の学習・指導方法への提 案として、明示的な文法指導の意義、知識の手続き化を通して明示的知識から暗示的知識へ変換を図ることの重要性、そしてインプットとアウトプットのバランスを図りながら4技能統合型の文法指導を行う必要性を説いた。今日の英語科教 育において、コミュニケーションが重視される一方で、その下位知識を構成する英文法の学習・指導が軽視される風潮に あるが、外国語として英語を学ぶEFL(English as a foreign language)の環境にあっては、また、学習者の母語の習得が確立された後であれば、やはり英文法の明示的な学習が重要であることを、本研究では量的データに基づいて示すこと ができた。
The present study investigated university students’ consciousness, attitude and behavior toward English grammar by way of quantitative approach. The results showed that deepening grammatical knowledge could boost learners’ confidence as well as increase the degree of English proficiency. It was also revealed that the sufficient learning of English grammar at junior and senior high school could help encourage independence in learners and enable them to both acquire and use the metacognitive strategies such as setting goals and making learning plans. Moreover, it was indicated that learning of English grammar could best take place while learners working on the tasks in their most favorite language skill out of four: listening, speaking, reading and writing. Furthermore, the importance of acquiring explicit knowledge of English grammar was proved in various aspects. Based on these results, better ways of learning and teaching English grammar were also proposed.
Rights :沖縄キリスト教学院大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22267
Citation :沖縄キリスト教学院大学論集 = Okinawa Christian University Review no.15 p.13 -27
Appears in Collections:Okinawa Christian University Review

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No.15p13-27.pdf526KbAdobe PDFView/Open