ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄工業高等専門学校 >
沖縄工業高等専門学校紀要(No.10~) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22249

 
タイトル :沖縄高専1年生における新体力テストの推移と全国比較 : 2012年度から2016年度において
著者 :和多野, 大
別言語の著者 :Watano, Dai
著者所属 :沖縄工業高等専門学校 総合科学科
作成日 :2018-3
公開者・出版者 :沖縄工業高等専門学校
収録種別 :紀要論文
NIIタイプ :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-722X
内容記述 :沖縄高専において実施された2012年度から2016年度にかけての1年生(9期生~13期生)を対象とした新体力テストの結果をまとめ、年度間比較・全国平均との比較を行い、考察を加えた。長座体前屈や20mシャトルラン、50m走において年度間の差が確認され、ある程度の年度の特徴が示された。男子においては、9期生は短距離走より長距離走の能力が高かった。13期生は短距離走の能力が高かったものの、体の柔軟性が劣っていた。女子においては、9期生の総合的な運動能力の低さが感じられた。対照的に10期生は運動能力の高さが目立ち、当該5年間ではもっとも優れていた。全国平均との比較では、握力・上体起こし・20mシャトルランにおいて男女ともに5年連続で全国平均以下 であり、その他の項目も全国平均より優れた結果はほとんど得られなかった。総じて男女ともに特に上半身の筋力と短距離長距離の走力が劣っていたが、男子は下肢瞬発力を測る立ち幅とびの成績が比較的良く、女子は立ち幅とびの他にも、敏捷性を測る反復横とび、柔軟性を測る長座体前屈で全国平均と同等かそれ以上のレベルであった年度が複数見られた。今後の課題として、総合的に全国平均以下である運動能力の向上が期待され、学生の日常における自発的な運動習慣の採択および継続が望まれた。そのためには、沖縄高専の既存のスポーツ施設の恒常的なメンテナンスの必要性と用具器具の充実の必要性が感じられた。
権利 :沖縄工業高等専門学校
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22249
掲載雑誌 :沖縄工業高等専門学校紀要 = Bulletin of National Institute of Technology, Okinawa College Vol.12 p.55 -62
出現コレクション:沖縄工業高等専門学校紀要(No.10~)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
no12p55.pdf5755KbAdobe PDF見る/開く