ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄工業高等専門学校 >
沖縄工業高等専門学校紀要(No.10~) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22248

 
タイトル :曲面上の測地線としての最速降下曲線
別言語のタイトル :Brachistochrone curve as a geodesic in a surface
著者 :森田, 正亮
別言語の著者 :Morita, Masaaki
著者所属 :沖縄工業高等専門学校 総合科学科
作成日 :2018-3
公開者・出版者 :沖縄工業高等専門学校
収録種別 :紀要論文
NIIタイプ :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-722X
内容記述 :粒子がポテンシャル中を運動するときに,ある二点間を最短時間で結ぶ「最速降下曲線」を曲面上の測地線と見なすことはできるか?という問題について考察する.共形平坦な計量を持つ2次元リーマン多様体での測地線と見なせることは直ちに分かるが,その多様体を3次元空間R^3に埋め込むことができるかどうかは自明でない.そこで,回転面という条件の下で曲面を構成することを試み,ポテンシャルと構成された曲面の関係を明らかにする.また,極小曲面の場合に埋め込み可能であるための条件について議論する.
We consider whether a brachistochrone curve, which is known as a trajectory on which a particle in a potential travels in a shortest time between given two points, can be regarded as a geodesic in a surface. We immediately find that a brachistochrone curve is equivalent to a geodesic in a two-dimensional Riemannian manifold with a conformally flat metric, but it is non-trivial whether the manifold can be embedded in a three-dimensional Euclidean space. We attempt to constitute a surface of revolution that realizes the Riemannian manifold, and clarify the relation between the mechanical potential and the surface constituted. We also discuss the possibility that the Riemannian manifold is embedded as a minimal surface.
権利 :沖縄工業高等専門学校
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22248
掲載雑誌 :沖縄工業高等専門学校紀要 = Bulletin of National Institute of Technology, Okinawa College Vol.12 p.37 -45
出現コレクション:沖縄工業高等専門学校紀要(No.10~)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No12p37.pdf4737KbAdobe PDF見る/開く