ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄工業高等専門学校 >
沖縄工業高等専門学校紀要(No.10~) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22247

 
タイトル :サミュエル・H・キタムラ氏インタビュー : 米国民政府制作映像や映画とのかかわりを中心に
別言語のタイトル :An Interview with Mr. Samuel H. Kitamura : How He Became Involved in the Production of TV Programs and Films at the Public Affairs Department of the United States Civil Administration of the Ryukyu Islands (USCAR)
著者 :名嘉山, リサ
別言語の著者 :Nakayama, Risa
著者所属 :沖縄工業高等専門学校 総合科学科
作成日 :2018-3
公開者・出版者 :沖縄工業高等専門学校
収録種別 :紀要論文
NIIタイプ :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-722X
内容記述 :サミュエル・H・キタムラ氏は、1959年から1972年の沖縄の本土復帰まで、琉球列島米国民政府(USCAR)の広報局に勤務された。広報局の文化事業課(Cultural Affairs Division)に配属され、初めは先島(宮古・八重山)の琉米文化会館の担当官であったが、後に沖縄本島に転任、後年は文化事業課の役職と視聴覚課の課長を兼任し、視聴覚課制作のテレビ番組に出演することもあった。本インタビューでは、主に、米国の職員として民政府広報局の活動に携わったご経験を、キタムラ氏が出演したテレビ番組の映像素材を見ながら語っていただいた。インタビューは2016年9月13日にカリフオルニア州トーランスで行われた。
権利 :沖縄工業高等専門学校
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22247
備考 :Mr. Samuel H. Kitamura worked at the Public Affairs Department of the United States Civil Administration of the Ryukyu Islands (USCAR) from 1959 to 1972, the latter half of the US rule of Okinawa after WWII. He was at first the officer in charge of the Ryukyuan-American Cultural Center (the Information Center), Miyako and Yaeyama branches, and then transferred to the main office in Naha. He was simultaneously assigned to another post, the acting chief of the Audio-Visual Division of PAD when the USCAR's restructuring was taking place soon before the reversion. In this interview, conducted in Torrance, California on September 13, 2016, Mr.Kitamura, while watching the video images of the old TV programs, talked about how he became involved in Okinawa and USCAR and what it was like to work at USCAR using his language skills and bicultural background.
掲載雑誌 :沖縄工業高等専門学校紀要 = Bulletin of National Institute of Technology, Okinawa College Vol.12 p.21 -36
出現コレクション:沖縄工業高等専門学校紀要(No.10~)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No12p21.pdf19483KbAdobe PDF見る/開く