ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄大学 >
地域研究 = Regional studies >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22027

 
タイトル :沖縄戦に動員された朝鮮人に関する一考察
別言語のタイトル :A Study on the Drafted Koreans in the Battle of Okinawa―Focusing on the Special Water Service Unit―
著者 :沖本, 富貴子
別言語の著者 :OKIMOTO, Fukiko
著者所属 :沖縄大学地域研究所特別研究員
作成日 :2017-12
公開者・出版者 :沖縄大学地域研究所
収録種別 :紀要論文
NIIタイプ :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-2082
内容記述 :竹内康人(2012年)によって沖縄戦に動員された朝鮮人軍人軍属が配置された部隊と、その人数 が初めて明らかにされた。日本政府が韓国政府に渡した朝鮮人名簿をもとに分析を進め発表したも のである。この研究をより沖縄に近づけて解釈し紹介した。その結果、特設水上勤務隊以外にも32 軍防衛築城隊、歩兵隊、海軍の設営隊など65部隊以上にわたって少なくとも3,500人余が動員されて いたことが分かった。部隊別に死亡者数と時期と場所を集計した結果、本島においては首里の攻防 や南部に追い詰められて犠牲になったものが多かった。海軍においては小禄、豊見城で6月14日前 後に命を落としている。  こうした研究によって「沖縄戦には『朝鮮人軍夫』が『1~2万人』動員され、『雑役』を担った」 とする定説が検証され、実態に即して書き換えられていく契機になることを意図した。さらに「朝 鮮人軍夫」という表現が妥当であるかについても検討を加えた。  朝鮮人部隊であった特設水上勤務隊について戦時資料や留守名簿、陣中日誌に照らし、編成から 沖縄での港湾作業につくまでを詳細に見た。また港湾作業がどのようなものであったか、その実態 について当時の陣中日誌及び住民の証言も交えて具体的に示した。本稿は地上戦が始まるまでのい わば序盤までを一区切りとしている。
権利 :沖縄大学地域研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22027
掲載雑誌 :地域研究 no.20 p.29 -53
出現コレクション:地域研究 = Regional studies

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No20p29.pdf2100KbAdobe PDF見る/開く