ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄大学 >
こども文化学科紀要 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/22006

 
タイトル :生活綴方における言語活動 : アクティブ・ラーニングの視点から
別言語のタイトル :The language activityies in Seikatu-Tuzurikata : From the point of view of the active learning
著者 :梶村, 光郎
別言語の著者 :Kajimura, Mitsuro
著者所属 :沖縄大学人文学部こども文化学科教授
作成日 :2017-10
公開者・出版者 :沖縄大学人文学部こども文化学科
収録種別 :紀要論文
NIIタイプ :Departmental Bulletin Paper
内容記述 :現行の学習指導要領の告示以来、思考能力・判断能力・表現能力等を育む言語活動の充実が課題となってきた。2017 年3月に告示された新しい学習指導要領では、「言語活動の充実」という言葉が消えた。「主体的・対話的で深い学び」を実現するためには、「言語活動の充実」を無視することはできない。しかし、そこでこの課題への示唆を得るために、生活綴方実践を例に、生活を表現し、それを読み合うという言語活動の意味などを検討した。その結果、書き言葉によって生活表現することは、生活を意味化し、他者にそのことを解釈できるようにすること。読みあうことは、作品世界の意味化をめぐって解釈を交流することであり、生活や表現に対して学び合うという意味があること。また体験学習における深い学びを成立させる言語活動を有効にするためには、体験に真摯に向き合う事前の取組が必要であることを明らかにした。
権利 :沖縄大学人文学部こども文化学科
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/22006
掲載雑誌 :沖縄大学人文学部こども文化学科紀要 no.4 p.1 -12
出現コレクション:こども文化学科紀要

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
p.1-12.pdf598KbAdobe PDF見る/開く