ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄地理学会 >
沖縄地理 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/21616

 
タイトル :沖縄島北端辺戸岬石灰岩海岸におけるノッチの発達条件に関する一考察
別言語のタイトル :A Study on the Notch Development along Cape Hedo Made of Limestone in the Northern End of Okinawa Island
著者 :吉國, 耀太
前門, 晃
青木, 久
別言語の著者 :Yoshikuni, Yota
Maekado, Akira
Aoki Hisashi
著者所属 :北海道池田町役場
琉球大学法文学部
東京学芸大学
作成日 :2016-6-29
公開者・出版者 :沖縄地理学会
収録種別 :雑誌掲載論文
NIIタイプ :Journal Article
ISSN :0916-6084
内容記述 :本研究では,石灰岩海岸におけるノッチの発達条件を明らかにすることを目的として,プランジングクリフと波食棚という異なる地形が発達する沖縄島北端辺戸岬を対象として調査を行った.その結果,急な海崖勾配をもつプランジングクリフ海岸ではノッチが発達し,緩勾配の波食棚海岸ではノッチが発達しないという傾向がみられた.このことから,石灰岩海岸におけるノッチの発達には,地形のタイプと海崖勾配が関与していることが示唆された.
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/21616
掲載雑誌 :沖縄地理 no.16 p.73 -78
出現コレクション:沖縄地理

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No16p073.pdf969KbAdobe PDF見る/開く