HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Agriculture Research Society >
Journal of Okinawa agriculture >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/21490

 
Title :ピタヤの開花調節技術の開発:第4報. 暗期中断における系統の違いと処理開始日が開花に及ぼす影響
Title alternative :Regulation of flowering on Pitaya (Hylocereus spp). Part 4. Effect of treatment time and different strains under night break on the flowering.
Authors :松田, 昇
山城, 清香
松村, まさと
伊地, 良太郎
Authors alternative :Matsuda, Noboru
Yamashiro, Sayaka
Matsumura, Masato
Ichi, ryotarou
Authors affiliation :沖縄県農業研究センター名護支所
沖縄県八重山農業改良普及課
沖縄県立農業大学
Issue Date :12-Feb-2015
Publisher :沖縄農業研究会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
ISSN :1344-1477
Abstract :暗期中断が系統別の発菅と開花に及ぼす影響を検討するため,赤肉系と白肉系を供試し,暗期中断区と無処理区を検討したところ,発目と開花日は両系統とも暗期中断区において無理区に比較し早くなった.また,赤肉系は白肉系に比較し発書目と開花日で早くなった.次に,暗期中断の処理開始日の違いが開花および果実品質に及ぼす影響を検討するため,1月から4月,9月から12月に暗期中断を実施したところ,10月処理開始区で発書目,開花日および収穫までの所要日数が最も短く,次いで3,9月であった.また,11月と12月で著しく長くなった.果実晶質については,処理間による差は認めらなかった.以上の結果から,赤肉系は白肉系に較べ暗期中断による開花促進効果高く,また,無加温栽培での暗期中断の開始時期は3,9,10月が適していることが明らかになった.
Rights :沖縄農業研究会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/21490
Citation :沖縄農業 Vol.47 no.1 p.17 -25
Appears in Collections:Journal of Okinawa agriculture

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol47No1p17.pdf1955KbAdobe PDFView/Open