HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Physics) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/21486

 
Title :新弾性理論による圧力と弾性応力解析
Authors :仲座, 栄三
Authors affiliation :琉球大学工学部環境建設工学科
Issue Date :18-May-2017
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :従来の弾性力学の定義によれば,温度分布に応じた熱膨張ひずみは存在しても,その温度分に応じた内部応力は存在しない.これと同様に,例えば,縦方向一軸圧縮において,材料が横方向にいかような変形を見せていても,その変形に対応するような横方向内部応力は存在しない.こうした応力の定義が,Navierの時代から(弾性学の創成期から)約2世紀を経てもいまなお連綿と継続されている.このような応力評価では,材料の耐力を正しく解析し得ない.仲座は,このような問題点を指摘し,新しい弾性理論を提示している.本論は,仲座の提示する新弾性理論に基づいて,温度分布に対応する内部応力分を具体的に示すと共に,その応力が外部荷重の引き起こす内部応力と分離されることを示している.
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/21486
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集(Physics) Vol.2 no.1 p.20 -21
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Physics)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol2No1p20.pdf669KbAdobe PDFView/Open