HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Physics) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/21446

 
Title :ローレンツ変換の正しい物理的解釈
Authors :仲座, 栄三
Authors affiliation :琉球大学工学部環境建設工学科
Issue Date :5-May-2017
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :運動物体の長さを光測量し,正しい観測値を得るためには,観測値にローレンツ変換を施すことが必要となることが示され,ローレンツ変換の正しい物理的解釈が与えられている.また,運動系内の時間や空間の測定,そして重力場における時間や空間の測定には,相対速度や重力の影響を消し去った相対論的慣性系の構築を必要とすることが説明されている.相対論的慣性系の構築とは,特殊相対性理論に対してはローレンツ変換の導入であり,一般相対性理論に対しては一般座標系の導入を意味する.こうして相対性理論の本質は,相対論的慣性系の構築にあることが示されている.
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/21446
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集(Physics) Vol.2 no.1 p.15 -19
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Physics)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol2No1p15.pdf457KbAdobe PDFView/Open