HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Physics) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/21286

 
Title :流体運動の支配方程式とその歴史的変遷
Authors :仲座, 栄三
Authors affiliation :琉球大学工学部環境建設工学科
Issue Date :21-Mar-2017
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :1687年に提示された質点に対するNewtonの運動法則(運動方程式)は,1757年にEulerによって流体の基礎方程式へと拡張された.次いで,Navierによって粘性項が付加され,1845年,Stokesによって平均圧力の導入が行われた.これにより,Navier-Stokesの方程式が確立された.以降,この方程式は,現代にいたるまで流体力学の分野で幅広く用いられて来ている.現在,Navier-Stokesの方程式は天文学的スケールの運動からミクロスケールの流体運動の予測にまでも用いられており,我々に大きな恩恵をもたらしてきている.本論は,そのNavier-Stokesの方程式を修正し,Navierから始まり半世紀余も続いた係数論争に,その勃発からおよそ200年を経て,終止符を打つものとなっている.
Rights :沖縄科学防災環境学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/21286
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集(Physics) Vol.2 no.1 p.8 -14
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Physics)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol2No1p8.pdf635KbAdobe PDFView/Open