HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/20427

 
Title :残存した家屋から判断される防潮林の津波減勢効果について
Authors :稲垣, 賢人
仲座, 栄三
Schaab, Carolyn
Authors affiliation :琉球大学理工学研究科
琉球大学工学部環境建設工学科
琉球大学理工学研究科
Issue Date :2-Dec-2016
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :2011年3月11日に発生した東北地方大津波によって防潮林の殆どが倒木あるいは流木となった中で,わずかに残された防潮林の背後に流出を免れた家屋がいくつか存在する.その中には,家屋そのものの頑強さによるものもあるが,明らかに防潮林による津波減勢効果によるものと判断されるケースもいくつか存在する.本研究では,津波発生後に撮られた航空写真をもとに,防潮林の背後に流出を免れた住宅の例をいくつか見出し,防潮林の津波減勢効果の存在について議論している.
Rights :沖縄科学防災環境学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/20427
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集(Coastal Eng.) Vol.1 no.1 p.11 -12
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol1No1p11.pdf406KbAdobe PDFView/Open