HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/20425

 
Title :津波によって流された防潮林の分布特性
Authors :稲垣, 賢人
仲座, 栄三
Schaab, Carolyn
Authors affiliation :琉球大学理工学研究科
琉球大学工学部環境建設工学科
琉球大学理工学研究科
Issue Date :2-Dec-2016
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :宮城県沿岸部では古くから防潮林として松の木が植林されてきた.この防潮林は1960年に来襲したチリ津波に対して減勢効果を発揮したことから,その植林は津波防災対策の一環としても進められてきた.しかしながら,2011年に発生した東北地方太平洋沖地震津波によって,それらのほとんどは根こそぎ流出した.本研究は,震災直後に撮影された航空写真をもとに,流木となった松の木の分布をGIS解析によって明らかにし,津波の遡上特性について推定している.
Rights :沖縄科学防災環境学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/20425
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集(Coastal Eng.) Vol.1 no.1 p.9 -10
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol1No1p09.pdf537KbAdobe PDFView/Open