HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/20027

 
Title :リーフ上の護岸越波量算定手法の考察
Authors :仲座, 栄三
田中, 聡
稲垣, 賢人
Authors affiliation :琉球大学工学部環境建設工学科
株式会社エコー
琉球大学理工学研究科
Issue Date :29-Aug-2016
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :リーフ上の護岸越波量を算定しようとするとき,その手法にいくつかの方法が存在する.その内の一つは,リーフ上の護岸位置における堤前波を求め,それから換算沖波波高を求めて,一様斜面海岸上の護岸を対象として提案されている合田の越波量算定図表を読み取るという手法である.この手法の問題点は,すでに仲座ら(2016)によって指摘されている.本研究は,リーフ上の護岸越波量の算定手法を提案している宮国らの手法を取り入れた算定例を示すと共に,その精度の検討を行っている.その結果,宮国らの算定手法は,合田の越波量算定図表が適用可能であるという前提に立ったものであり,その前提条件が検証されていないこと,算定値が実験値よりもかなり低くなる可能性を示している.
Rights :沖縄科学防災環境学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/20027
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集(Coastal Eng.) Vol.1 no.1 p.3 -4
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol1No1p03.pdf661KbAdobe PDFView/Open