HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Society of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering >
Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/20025

 
Title :越波量算定手法に関する考察
Authors :仲座, 栄三
田中, 聡
稲垣, 賢人
Authors affiliation :琉球大学工学部環境建設工学科
株式会社エコー
琉球大学理工学研究科
Issue Date :26-Jul-2016
Publisher :沖縄科学防災環境学会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
Abstract :浅海域における護岸の実務設計(日本国)においては,合田の越波量算定図表を用いることが一般的となっている.実務設計では,リーフ海岸の場合や砕波帯内に平面的なあるいは複雑な海底地形に対する波の変形を伴う場合など,算定図表を適用する際に入射波条件を修正せざるを得ない場合がある.その際には,堤前における到達波高を基に,換算沖波波高を設定し直して,合田の算定図表を読み取り,天端高を決定するという工夫が取られる場合もある.このことに関し,本研究では,代表的な入射条件と海底地形を取り上げ,そうした工夫による算定の問題点を明らかにする.本研究で試算した結果は,こうした工夫による算定値がかなりの過小評価を与えることを示している.
Rights :沖縄科学防災環境学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/20025
Citation :沖縄科学防災環境学会論文集(Coastal Eng.) Vol.1 no.1 p.1 -2
Appears in Collections:Journal of Science, Disaster Prevention, and Environmental Engineering(Coastal Eng.)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol1No1p01.pdf235KbAdobe PDFView/Open