HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
National Institute of Technology, Okinawa College >
Bulletin of Okinawa National College of Technology(No.1~No.9) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/18637

 
Title :規則のパラドックスと根元的規約主義
Title alternative :The Paradox of a Rule and the Radical Conventionalism
Authors :Oishi, Toshihiro
Authors alternative :大石, 敏広
Authors affiliation :Department of Integrated Arts and Science, Okinawa National College of Technology
沖縄工業高等専門学校総合科学科
Issue Date :Mar-2007
Publisher :沖縄工業高等専門学校
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881-722X
Abstract :ソールA.クリプキが論じるところによれば、ウィトゲンシュタインは、規則に従うということについての議論において規則のパラドックスを提示しているという。その規則のパラドックスとは次のようなものである。たとえ私が言語によって何かを意味しているという私に関する事実を探しても、そのような事実は存在しない。我々は盲目的に規則に従っていると言わざるをえない。したがって言語は無意味であるように思われる。他方で根元的規約主義者は、我々は言語を使うたびごとに、我々の言語の個々の適用が言語規則に従った正しい適用であると取り決めていると主張するであろう。ここで問わなければならない問題は、この根元的規約主義は規則のパラドックスの解決策であるかどうかということである。この問題に答えるためにこの論文においては二つの種類の具体的な事例、すなわち円滑に進んでいるコミュニケーションと円滑に進んでいないコミュニケーションが考察されている。円滑に進んでいるコミュニケーションにおいて我々は端的に言語を使っているのであり、「取り決め」という概念は不必要である。円滑に進んでいないコミュニケーションの事例として、言葉の理解にギャップが存在する場面においては、「取り決め」という概念はそのギャップを埋める働きをするように思われるかもしれない。しかしながら、そのコミュニケーションにおける関係者の一人が、言葉の新たに取り決められた意味を誤解しているかもしれないのである。ここで、規則のパラドックスについてのクリプキの議論に従えば、我々は、その人がその取り決めを誤解していないということを確証するその人自身に関する事実を提示することはできない。したがって根元的規約主義は規則のパラドックの解決策ではない。規則のパラドックスを導出する議論の本質は、意味の正当化主義(基礎づけ主義)を批判するという点にある。意味の正当化主義者は、我々は言語を有意味に使用しているのであるから、我々は言語の使用を根源的に正当化できなければならないと主張する。しかし、実際には言語の使用を根源的に正当化することはできない。もし意味の正当化主義に固執して、言語の使用を根源的に正当化しようとするなら、それは不可能であり、それゆえ言語は実は無意味であると結論せざるをえなくなる。規則のパラドックスは、意味の正当化主義のパラドックスなのである。根元的規約主義もまた、この意味の正当化主義の一種であろう。
Saul A. Kripke argues that Wittgenstein presents a paradox of a rule in his argument about rule-following. The paradox of a rule is as follows: even if we search for the fact about me that I mean something by a language, there is no such fact. We cannot help saying that we follow a rule of language blindly. Thus, it seems that language is meaningless. On the other hand, a radical conventionalist will insist that we agree our use of language is a correct use according to a rule of language each time we use language. The question we have to ask here is whether the radical conventionalism is a solution to the paradox of a rule. To answer this question two kinds of concrete cases, namely smooth communication and unsmooth communication, are considered in this paper. In smooth communication we use language directly, so the concept of 'agreement' ('convention') is unnecessary. In the case of unsmooth communication in which there is a gap in understanding of a word, the concept of 'agreement' may seem to work in bridging the gap. However, one of the persons concerned in the communication may misunderstand the newly agreed meaning of the word. Here according to Kripke's argument about the paradox of a rule we cannot show the fact about the person that establishes that the person does not misunderstand the agreement. Consequently, the radical conventionalism is not a solution to the paradox of a rule. The essence of the argument from which the paradox of a rule is derived consists in the criticism of the semantic justificationism (foundationalism). A semantic justificationist asserts that since we use language meaningfully, we should be able to justify a use of language fundamentally. However, in fact we cannot fundamentally justify a use of language. If we adhere to the semantic justificationism and try to justify a use of language fundamentally, we cannot help concluding that we cannot justify a use of language, hence language is really meaningless. The paradox of a rule is the paradox of the semantic justificationism. The radical conventionalism would also be a kind of semantic justificationism.
Rights :沖縄工業高等専門学校
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/18637
Citation :沖縄工業高等専門学校紀要 = Bulletin of Okinawa National College of Technology no.1 p.39 -48
Appears in Collections:Bulletin of Okinawa National College of Technology(No.1~No.9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00005394921.pdf722KbAdobe PDFView/Open