ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
沖縄地理学会 >
沖縄地理 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/17833

 
タイトル :[論説] 琉球石灰岩の石切場跡におけるカメニツァの成長速度 : 沖縄島読谷海岸の事例
別言語のタイトル :[Original article] Growth Rates of Kamenitzas on Remnants of Quarry in Ryukyu Limestone : A Study from Yomitan Coast, Okinawa Island
著者 :青木, 久
前門, 晃
別言語の著者 :Aoki, Hisashi
Maekado, Akira
著者所属 :大東文化大学経営学部
琉球大学法文学部
Faculty of Business Administration, Daito Bunka University
Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus
作成日 :2010/6/25
公開者・出版者 :沖縄地理学会
収録種別 :雑誌掲載論文
NIIタイプ :Journal Article
ISSN :0916-6084
内容記述 :本研究は,カメニツァの成長速度を明らかにするために,大正時代末期に開設された琉球石灰岩の石切場跡が残る沖縄島読谷海岸を調査地域に選び,石切場跡に形成されているカメニツァの深さを計測して,経過時間との関係からその速度を求めた.カメニツァは石が切り出された直後に形成され始めたと仮定すると,その形成速度は0.59 mm/年と見積もられ,従来報告されている完新世サンゴ石灰岩上のカメニツァの形成速度よりも大きい値(2.4倍)を示すことがわかった.
権利 :沖縄地理学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/17833
掲載雑誌 :沖縄地理 no.10 p.25 -28
出現コレクション:沖縄地理

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No10p25.pdf1429KbAdobe PDF見る/開く