ホーム    参加機関ログイン    English    琉球大学附属図書館    琉球大学    問合せ

沖縄地域学リポジトリ >
南方資源利用技術研究会 >
南方資源利用技術研究会誌 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/20.500.12001/17141

 
タイトル :[報文]沖縄県産ゴーヤのおいしさの比較
別言語のタイトル :[Review]Evaluation of gohya produced in Okinawa by mikaku senser
著者 :山野, 善正
平松, 修一
玉城, 一
酒井, 映子
別言語の著者 :YAMANO, Yoshimasa
HIRAMATU, Shuichi
TAMAKI, Hajime
SAKAI, Eiko
著者所属 :社団法人おいしさの科学研究所
香川大学農学部
琉球大学農学部
愛知学院大学心身科学部
Institute of Oishisa Science
Faculty of Agriculture, Kagawa University
Faculty of Agriculture, Ryukyu University
Faculty of Psychological and Physical Science. Aichi Gakuin University
作成日 :2012-12-1
公開者・出版者 :南方資源利用技術研究会
収録種別 :雑誌掲載論文
NIIタイプ :Journal Article
ISSN :0912-9588
内容記述 :苦味、渋味食品の健康への影響について、女子大生に対し実施したアンケート調査の中で、ゴーヤについてはBMIやその他の健康指標に良い結果を与えている可能性があることが示唆された。味覚センサーで測定したゴーヤの部位の味は明確に異なった。また、品種、系統によっても各種の味は異なり、それぞれの調理適性に対し有用な示唆が得られた。本研究の一部は、平成23年度南方資源利用技術研究会研究助成金により実施した。
According to the questionnaire survey about the influence of taking balsam pear (momordica charantia) on BMI as health index for female college students, good effect of eating balsam pear on the health was suggested. The significant different tastes was obtained between the top and root of balsam pear by using a taste sensing device with characteristic electrodes for each taste and also the eight kinds of varieties showed different tastes.
権利 :南方資源利用技術研究会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/17141
掲載雑誌 :南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists Vol.28 no.1 p.17 -21
出現コレクション:南方資源利用技術研究会誌

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol28No1p17.pdf688KbAdobe PDF見る/開く