HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
The Society of Tropical Resources Technologists >
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/14226

 
Title :[報文]ツバキ属植物の抗アレルギー・抗炎症成分
Title alternative :[Originals]Anti-allergic and anti-inflammatory activity in the plants belonging to the genus Camellia
Authors :津波, 和代
廣瀬(安元), 美奈
津覇, 恵子
小野寺, 健一
直木, 秀夫
安元, 健
久場, 恵美
石川, 桂一
比嘉, 淳
Authors alternative :TSUHA, Kazuyo
HIROSE(YASUMOTO), Mina
TSUHA, Keiko
ONODERA, Kenichi
NAOKI, Hideo
YASUMOTO, Takeshi
KUBA, Megumi
ISHIKAWA, Keiichi
HIGA, Atsushi
Authors affiliation :JST沖縄県地域結集型共同研究事業
琉球大学医学部保健学科
仲善
沖縄県農業研究センター名護支所
JST Okinawa Prefecture Collaboration of Regional Entities for the Advancement of Technological Excellence, Japan Science and Technology Agency
School of Health Science, Faculty of Medicine, University of the Ryukyus
Nakazen Company. Ltd.
Nago Branch, Okinawa Prefectural Agricultural Research Center
Issue Date :1-Oct-2007
Publisher :南方資源利用技術研究会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
ISSN :0912-9588
Abstract :沖縄県産植物の有用生理活性物質探査の一環として、脱顆粒阻害活性とシクロオキシゲナーゼ (COX-2) 阻害活性の試験を行い、ヤブツバキ(Camellia japonica) の葉に強い抗アレルギー・抗炎症作用を検出した。沖縄を中心に国内各地で採集したツバキ試料の全てに両活性がほぼ同等の強さで検出され、地域間の顕著な差は見られなかっ た。脱顆粒阻害活性を7種のツバキ科植物で比較した結果、ヤブツバキに加えてヒメサザンカ (C. lutchuensis)、カンツバキ(シシガシラ) C. sasanqua cv. shishigashira)、キンカチヤ (C. chrysantha)、タイワンツバキ (Gordonia axillaris) の合計5種に活性が検出された。しかし、チャ (C. sinensis)、サザンカ (C. sasanqua)、イジュ (Schima liukiuensis) の3種では活性が検出されなかった。ツバキの部位別の測定では、葉のみならず果実、果実殻、種子にも脱顆粒阻害活性が検出された。脱顆粒阻害成分と抗炎症成分のいずれも熱水で容易に抽出され、茶と同様に飲用に供することが可能であった。
Rights :南方資源利用技術研究会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/14226
Citation :南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists Vol.23 no.1 p.21 -27
Appears in Collections:南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol23No1p21.pdf6213KbAdobe PDFView/Open