HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
The Society of Tropical Resources Technologists >
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/14224

 
Title :[総説]沖縄産食材由来の腫瘍選択的抑制活性物質の探索
Title alternative :[Reveiw]Tumor specific cytotoxicity from subtropical plants in Okinawa.
Authors :岩崎, 公典
屋, 宏典
Authors alternative :IWASAKI, Hironori
OKU, Hirosuke
Authors affiliation :琉球大学遺伝子実験センター遺伝資源応用分野
Division of Molecular Biotechnology, Center of Molecular Bioscience, University of the Ryukyus
Issue Date :1-Oct-2007
Publisher :南方資源利用技術研究会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
ISSN :0912-9588
Abstract :沖縄県は亜熱帯性の気候に属し、その強い環境ストレスから、植物の生体防御物質は温帯のものより豊富であることが知られている。これらの植物群を長く食材として利用してきた沖縄県民は、何らかの影響を受けていると考えられる。筆者らは沖縄における低発ガン率に注目し、食品性の抗腫瘍活性のスクリーニングを行った。特に、細胞増殖速度に依存しない抗腫瘍活性、 「腫瘍選択的細胞抑制活性」についてスクリーニングを行った結果、沖縄県において特徴的に用いられている薬草茶であるサルカケミカン (Toddalia asiatica Lam.) に強い活性を見出した。単離された活性物質はジヒドロニチジン(Dihydronitidine : DHN) と同定された。DHNの抗腫瘍活性は既に示唆されていたが、今回の報告ではこれまでの活性だけでは説明できない抗腫瘍効果が示された。このDHNの選択的抑制活性は腫瘍細胞に特異的な物質輸送経路に依存していることが示唆された。今回示した腫瘍選択的細胞抑制活性は、特定の腫瘍細胞のみをターゲットとする新たな抗腫瘍剤の検索に貢献できると考えられた。
Rights :南方資源利用技術研究会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/14224
Citation :南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists Vol.23 no.1 p.9 -14
Appears in Collections:南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol23No1p9.pdf5202KbAdobe PDFView/Open