HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
The Society of Tropical Resources Technologists >
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/14147

 
Title :[報文]Porapak Q樹脂吸着法を用いた泡盛香気分析
Title alternative :[ORIGINALS]Analysis of Volatile Compounds from Awamori Using Porapak Q Resin Column
Authors :玉村, 隆子
和田, 浩二
高良, 健作
石川, 信夫
仲宗根, 洋子
Authors alternative :TAMAMURA, Takako
WADA, Koji
TAKARA, Kensaku
ISHIKAWA, Nobuo
NAKASONE, Yoko
Authors affiliation :琉球大学農学部
石川酒造場
Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus
Ishikawa Awamori Brewery Co., Ltd.,
Issue Date :1-Oct-1998
Publisher :南方資源利用技術研究会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
ISSN :0912-9588
Abstract :泡盛中の香気成分分析法としてPorapak Q樹脂吸着法を用いるとともに,成分回収におけるエタノールの影響と塩析効果について検討した.まず,本法に用いたPorapak Q樹脂自体からの成分流出による定量性への影響はないことが明らかとなった.次に,内標準法におけるエタノールの影響を検討した結果,泡盛サンプル中のエタノール濃度の変化に伴い,内標準物質であるシクロヘキサノールの回収も増減した.そこで,エタノール濃度の変動に関係なく内標準法を適用するために,カラムに泡盛サンプルを通した後,シクロヘキサノール水溶液を流し,エーテルで回収する方法を用いた.さらに,泡盛香気の代表的な成分と考えられる8成分のエタノール濃度に対する定量値の変化を検討した結果,アルコール類の回収はエタノール濃度を下げるにしたがい増加したが,エステル類およびカルボン酸類ではその傾向は異なっていた.また,本法における塩析効果はエタノール濃度10%のサンプルで認められたものの,それ以上のエタノール濃度では成分の回収に影響はあまりなかった.
Rights :南方資源利用技術研究会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/14147
Citation :南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists Vol.14 no.1 p.1 -6
Appears in Collections:南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol14No1p1.pdf2521KbAdobe PDFView/Open