HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Meio University >
The Meio University bulletin >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/12382

 
Title :月経前症候群による看護職のヒューマンエラー発生防止のためのセルフケア行動の促進
Title alternative :Promoting Self-care Actions in the Nursing Occupation to Prevent Human Error Caused by Premenstrual Syndrome
Authors :小西, 清美
仲村, 美津枝
名城, 一枝
石川, 幸代
長嶺, 絵里子
Authors alternative :Konishi, Kiyomi
Nakamura, Mitsue
Nashiro, Kazue
Ishikawa, Sachiyo
Nagamine, Eriko
Authors affiliation :名桜大学人間健康学部看護学科
Issue Date :Mar-2014
Publisher :名桜大学
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1882-4412
Abstract :今回は,看護職を対象に研修会を通して,インシデント発生と月経前症候群(PMS)に関する認識を深め,セルフケア行動促進やインシデント報告内容の改訂版の基礎資料を作成することを目的とした。方法として,調査研究に協力を得られた施設を対象に研修会を3箇所で実施し, 108人の参加があり,そのうち調査用紙に記入してもらった55人(50.9%)を分析対象とした。研修会の内容は,「月経前症状と多重課題の業務との関連」・「多重課題の業務時のインシデント」・「PMSとセルフケア」・「女性の職場環境を良くすること」であった。研修会後の調査は,インシデント報告に月経状態を記入する項目を任意で記入してよいかについて質問を行った。その結果,賛成38人(69.1%),反対15人(27.3%),末記入2人(3.6%)であった。賛成の理由として, 「PMSを理解し,相手に理解してもらえる」・「セルフケアができる」・「PMSとインシデントの関連性がわかる」・「PMSを知ることで対策がとれる」という結果であった。反対と答えた理由には,「プライバシーが守れない」・「PMSを言い訳にしない」という結果であった。
Rights :名桜大学
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/12382
Citation :名桜大学紀要 = THE MEIO UNIVERSITY BULLETIN no.19 p.173 -178
Appears in Collections:The Meio University bulletin

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No19p173.pdf1501KbAdobe PDFView/Open