HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa University >
Regional studies >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/11986

 
Title :モトブシーサイドプラザ事件判決―「商号続用」責任、「債務引受広告」の意義を巡って―
Title alternative :Case study on “Motobu Seaside Plaza vs. Travel Agencies”
Authors :仲宗根, 京子
Authors alternative :Nakasone, Kyoko
Authors affiliation :沖縄大学地域研究所
沖縄大学法経学部
中央大学大学院法学研究科
Issue Date :30-Sep-2013
Publisher :沖縄大学地域研究所
Type Local :紀要論文
Type (NII) :Departmental Bulletin Paper
ISSN :1881‐2082
Abstract :沖縄海洋博は県民の期待を背負っていたが、出端を挫くように開業間もなく「モトブシーサイドプラザ」が破綻した。債権回収の為に運営に乗り出した建設業者らと、前渡金を払っていた旅行業者との法廷バトルで展開された法律議論(中でも債務引受広告の意義)をめぐる判例規範の形成は、38年経った現在にも通用する先駆的なものであった。本稿では、その古そうに見えて実は色あせていない判例に再びスポットを当てたい。
Rights :沖縄大学地域研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/11986
Citation :地域研究 = Regional Studies no.12 p.89 -95
Appears in Collections:Regional studies

Files in This Item:

File Description SizeFormat
no12p89.pdf672KbAdobe PDFView/Open