HOME    mypage    Japanese    library    university    Feedback

沖縄地域学リポジトリ >
Okinawa Agriculture Research Society >
Journal of Okinawa agriculture >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/20.500.12001/1186

 
Title :NAA,糖,リン酸混合物質が早生温州ミカンの酸および糖に及ぼす影響
Title alternative :Effect of NAA, Sucrose and Phosphorus substant on the Acid and Sugar content (soluble solids) of Okitu wase satuma orange
Authors :比嘉, 照夫
仲村, 康和
Authors alternative :Higa, Teruo
Nakamura, Yasukazu
Authors affiliation :琉球大学農学部
Issue Date :Jul-1979
Publisher :沖縄農業研究会
Type Local :雑誌掲載論文
Type (NII) :Journal Article
ISSN :1344-1477
Abstract :NAA,糖,リン酸混合物質の葉面散布が,興津早生温州の果実の糖,酸に及ぼす影響について,1975年7月18日から9月5日までの間調査を行なった. 1.NAA散布は,果実の糖,酸を減少させる傾向にあり,実用上の効果は期待できなかった. 2.リン酸混合物質は,糖の増加には影響が認められず,酸を著しく減少させる効果が認められた.その結果,甘味比がかなり高くなり,早期出荷の品質安定に効果的に作用した.また,混入したグラニュウ糖による影響は認められなかった. 3.グラニュウ糖の散布は酸の減少を早める傾向にあるが,リン酸混合物質との関連において,それらの原因を明らかにすることはできなかった.
Rights :沖縄農業研究会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12001/1186
Comment :通巻25号
Citation :沖縄農業 Vol.15 no.1・2 p.7 -11
Appears in Collections:Journal of Okinawa agriculture

Files in This Item:

File Description SizeFormat
316.pdf500KbAdobe PDFView/Open